図書館で借りた本を雨で濡らしてしまった結果こうなった

息子に、本を図書館に返却してくるよう頼んだ日のこと。
息子が家を出て、しばらくすると図書館から電話がかかってきた。
「ただいま息子さんが本を返しに来られてるのですが、突然の雨で本を濡らしてしまっています。一応乾かしてみますが・・」
「えっ・・それは申し訳ないです・・乾いたら大丈夫そうでしょうか?」
「そうですねぇ、乾いても貸し出せない状態であれば弁償となります」

息子が帰宅後、どのくらい濡れたのか聞いてみると
「袋に入れてたんやけん、そこまで濡れてないよ。上の方が少し濡れただけ」と言う。
まぁ乾けば大丈夫かな、と軽く考えていたら・・・
数日後「やはりダメージが大きいので、同じ本を用意していただくようお願いします」と電話が。
「そうですか、すみませんでした・・あのー、本は新品を用意するんですか?中古でもいいのでしょうか?(もともと何十人もの人に読まれていた本でTHE古本という感じだったので)」
「同じ程度の本を探すのは大変難しいと思います。できましたら新品でお願いしたいのですが・・賠償が終わるまで本の貸し出しはできませんので。」
「わ、わかりました。至急用意いたします。」

数日後
楽天ブックスで買った同じ本を図書館に持っていくと、濡れたとされる本と交換してくれました。
そのときにもらった書類「賠償通知書」
9535

ちなみにどのくらい濡れたのかというと
28
ページの上部7mmから1cm程度よれっとしています。
こういった程度の濡れによるボヨボヨした本、何度も借りたことあるんだけどなぁ。
桐野夏生の「グロテスク」なんか「本に香水ぶっこぼしただろ!」級の強いニオイと全体に強度のボヨボヨが残ってたんだけど普通に貸し出してるし。(←福岡市の皆さんは私が借りた香水臭い文庫本が回ってくる可能性ありますヨ)
このへんは係員さんの裁量によるんでしょうね。
料理本にくっついてる小麦粉と卵が混ざった物体や醤油や油のシミも厳しく取り締まってほしいと思います。

ということで皆さん!
図書館で借りた本を雨に濡らすと新品と交換しなければいけなくなるので雨の日には返却など行かぬよう注意しましょう。

スゴ知識(139)普通やん(3)
レッツ!シェアTweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr

投稿人: 宝毛ちゃん 年代 : 中年

還暦のフルヤンキー。
マイルドヤンキーに間違われないように日々の鍛錬を欠かさない。
趣味:コンプライアンスの遵守。

   Sponsored links
...

作レポ&テキトーなコメントの投稿場(顔文字の使用を禁ず)